コース・講師紹介

マネジメントステップアップコース

プログラムの特色

管理職として必要な経営的な視点をリアルなケースで考えるとともに、自身のキャリア、自社、社会の変化を俯瞰し、その中で、まだ少数ではある女性の管理職として、自分の強みを生かしリーダーシップを発揮するための力を身につける。

コース概要

管理職(課長など)及び管理職候補の女性が対象

学習スタイル

一方的な講義スタイルではなく、グループワークが中心となります。またテーマを提供した上でグループでフィールドワークをしていただく課外活動も含まれます。

受講によって得られるもの

マネジメントを担うために基礎となるスキルのエッセンス
女性としてのリーダーシップのありかた
組織の枠を超えた良質なネットワーク

プログラム期間

【前期:5月開講】2019年5月18日~7月27日 土曜日13:00~17:00 全7回

【後期:10月開講】2018年10月5日~12月14日 土曜日13:00~17:00 全7回

※マネジメントステップアップコースは、同様の内容で年2回(前期、後期)開講予定です。
※教室は大学校舎で行います。
※各回とも前半は主に講師によるレクチャー。後半はグループワーク、ディスカッションが中心となります。
※講師、日程、カリキュラム等は変更になることがあります。

カリキュラム・講師

テーマ1 女性の活躍とリーダーシップ
1.女性を取り巻く環境の変化
2.女性とリーダーシップ
(懇親会)
日程 【前期:5月開講】2019年5月18日
【後期:10月開講】2019年10月5日
狙い 女性活躍の歴史、その社会的意義を知る
企業において女性としてのリーダーシップの発揮の仕方を学ぶ
講師
熊平 美香

熊平 美香(くまひら みか) ■ 昭和女子大学ダイバーシティ推進機構
  キャリアカレッジ学院長
■ 一般社団法人21世紀学び研究所 代表理事
■ 株式会社エイテッククマヒラ 代表取締役
■ 一般財団法人クマヒラセキュリティ財団 代表理事
ハーバード大学経営大学院でMBAを取得後、金融機関金庫設備の熊平製作所・取締役経営企画室長などを務めたのち、日本マクドナルド創業者・藤田田に弟子入りし、新規事業立ち上げや人材教育の事業に携わる。 独立し、株式会社エイテッククマヒラを設立。GEの「学習する組織」のリーダー養成プログラム開発者と協働し、学習する組織論に基づくリーダーシップ、チームビルディング、組織開発を軸にコンサルティング活動を開始。 昭和女子大学ダイバーシティ推進機構キャリアカレッジでは、会員企業40社の女性活躍推進、働き方改革の支援を行う。クマヒラセキュリティ財団 代表理事、Learning for All 理事、未来教育会議代表なども務め、教育改革の促進、社会起業家の育成、教育格差是正など幅広い分野で活動。2015年、株式会社ライフルと共働し21世紀学び研究所を設立し、企業と共にニッポンの「学ぶ力」を育てる取り組みを開始。同研究所では、経済産業省が2018年に改定した社会人基礎力の中に、リフレクションを盛り込む提案を行った。 文部科学省国立大学法人評価委員会委員、経済産業省未来の教室とEdTech研究会委員、放送大学学園評価委員会委員、青山ビジネススクール評議委員会委員、ハーバード・ビジネススクール・グローバルアドバイザリーボード メンバー等を務める。

テーマ2 仮説の立案と検証
日程 【前期:5月開講】2019年6月1日
【後期:10月開講】2019年10月19日
狙い 課題発見、課題解決のための仮説の立て方、その際に使用するフレームの考え方を学ぶ
実テーマを元に仮説立案し、それを検証していくフィールドワークをするための準備セッション
講師
岡田 和典

岡田 和典(おかだ かずのり) 三菱商事、外資系コンサルティングを経て1998年プライスウォーターハウスクーパースコンサルタンティング(以下PWC)入社。消費財メーカー、卸売企業、小売業において、営業、物流、間接部門の業務改革に従事し、個々の企業にとどまらず、サプライチェーン企業間の変革、戦略立案等に数多くの実績を残す。PWCでは、製造・流通産業事業部戦略グループパフォーマンスマネジメントチームリーダー兼シニアマネージャーとしてのプロジェクト実績は500社を超える。2002年8月からジェネラル・サービシーズ(略称GSI-JAPAN)に取締役副社長兼最高執行責任者(COO)として参画。特に中国を活用した日本企業の間接部門の効率化やBPO*を推進する。現在、岡田ビジネスディベロップメンツ代表取締役として上記をはじめ様々なプロジェクトや新規事業に参画し、企業価値向上に数多く従事。自ら起業をし、経営の実践も手掛ける。
*Business Process Outsourcingの略

テーマ3 女性のキャリアとリーダーシップ(ロールモデルセッション)
日程 【前期:5月開講】2019年6月8日
【後期:10月開講】2019年11月2日
狙い 企業で管理職として働く女性の等身大の話を聴く中で、自身のキャリアの軸となるもの、リーダーシップを探る
自身の強みを発掘しどのように自分のキャリアの中で活かしていくかを考える
講師
荒金 雅子

荒金 雅子(あらかね まさこ) 株式会社クオリア 代表取締役
長年女性の能力開発、キャリア開発、組織活性化などのコンサルティングを実践。 1996年、米国訪問時にダイバーシティのコンセプトと出会い強く影響を受ける。以降一貫して組織のダイバーシティ推進やワークライフバランスの実現に力を注いでいる。近年は組織開発の研究を続け、「学習する組織」、「U理論」「アクションラーニング」「ファシリテーション」「女性のリーダーシップ開発」等に取り組んでいる。主な著書に『多様性を活かすダイバーシティ経営』(日本規格協会)等他多数。(株)クオリアホームページ http://www.qualia.vc
※その他、ロールモデルとしての女性2名が登壇

テーマ4 戦略思考とファイナンス
日程 【前期:5月開講】2019年6月22日
【後期:10月開講】2019年11月16日
狙い 事業戦略・企業戦略を財務という面から考えるための基礎的な視点を養う。
財務諸表の見方、そこから企業の状況を知るための考え方を学ぶ
講師
石野 雄一

石野 雄一(いしの ゆういち) 株式会社オントラック 代表取締役
旧三菱銀行、インディアナ大学(MBA課程)修了。日産自動車(株)財務部にてキャッシュ・マネジメント、リスクマネジメント業務を担当。旧ブーズ・アレン・ハミルトンにて企業戦略立案、実行支援等に携わる。株式会社オントラックを設立。事業投資・撤退基準策定・導入支援コンサルティング、プロジェクトファイナンスのCFモデルの構築支援、ファイナンス、財務モデリングの研修事業を行っている。
著書に『道具としてのファイナンス』(日本実業出版社)『ざっくり分かるファイナンス~経営センスを磨くための財務~』(光文社新書)などがある。

テーマ5 プレゼンテーション
日程 【前期:5月開講】2019年7月6日
【後期:10月開講】2019年11月23日
狙い 伝えたいことを効果的に伝えられるプレゼンテーションの考え方、作り方のエッセンスを学ぶ
講師
澤 円

澤 円(さわ まどか) 立教大学経済学部卒。生命保険のIT子会社勤務を経て、1997年、外資系大手IT企業に転職。
ITコンサルタントやプリセールスエンジニアとしてキャリアを積んだのち、2006年にマネジメントに職掌転換。
幅広いテクノロジー領域の啓蒙活動を行うのと並行して、サイバー犯罪対応チームの日本サテライト責任者を兼任。
現在は、数多くのスタートアップの顧問やアドバイザを兼任し、グローバル人材育成に注力している。
琉球大学客員教授。
Twitter:@madoka510

著書:
外資系エリートのシンプルな伝え方(中経出版)
マイクロソフト伝説マネジャーの 世界No.1プレゼン術(ダイヤモンド社)
あたりまえを疑え。自己実現できる働き方のヒント(セブン&アイ出版)

連載:
グローバル仕事人のコミュ力(ダイヤモンド・オンライン)
澤円が解説!TechキャリアNew Wave(エンジニアType)

テーマ6 発表
日程 【前期:5月開講】2019年7月20日
【後期:10月開講】2019年12月7日
狙い 第2回で組成したチームによるフィールドワークの成果(実テーマに対しての仮説立案とその検証結果)をプレゼンテーションし、意見交換の上洞察を深める
※受講者の上司も参加
講師
岡田 和典

岡田 和典(おかだ かずのり) 三菱商事、外資系コンサルティングを経て1998年プライスウォーターハウスクーパースコンサルタンティング(以下PWC)入社。消費財メーカー、卸売企業、小売業において、営業、物流、間接部門の業務改革に従事し、個々の企業にとどまらず、サプライチェーン企業間の変革、戦略立案等に数多くの実績を残す。PWCでは、製造・流通産業事業部戦略グループパフォーマンスマネジメントチームリーダー兼シニアマネージャーとしてのプロジェクト実績は500社を超える。2002年8月からジェネラル・サービシーズ(略称GSI-JAPAN)に取締役副社長兼最高執行責任者(COO)として参画。特に中国を活用した日本企業の間接部門の効率化やBPO*を推進する。現在、岡田ビジネスディベロップメンツ代表取締役として上記をはじめ様々なプロジェクトや新規事業に参画し、企業価値向上に数多く従事。自ら起業をし、経営の実践も手掛ける。
*Business Process Outsourcingの略

テーマ7 リフレクション(懇親会)
日程 【前期:5月開講】2019年7月27日
【後期:10月開講】2019年12月14日
狙い 21世紀のリーダーとして必要となる「リフレクション」(内省)を学ぶ
講師
熊平 美香

熊平 美香(くまひら みか) ■ 昭和女子大学ダイバーシティ推進機構
  キャリアカレッジ学院長
■ 一般社団法人21世紀学び研究所 代表理事
■ 株式会社エイテッククマヒラ 代表取締役
■ 一般財団法人クマヒラセキュリティ財団 代表理事
ハーバード大学経営大学院でMBAを取得後、金融機関金庫設備の熊平製作所・取締役経営企画室長などを務めたのち、日本マクドナルド創業者・藤田田に弟子入りし、新規事業立ち上げや人材教育の事業に携わる。 独立し、株式会社エイテッククマヒラを設立。GEの「学習する組織」のリーダー養成プログラム開発者と協働し、学習する組織論に基づくリーダーシップ、チームビルディング、組織開発を軸にコンサルティング活動を開始。 昭和女子大学ダイバーシティ推進機構キャリアカレッジでは、会員企業40社の女性活躍推進、働き方改革の支援を行う。クマヒラセキュリティ財団 代表理事、Learning for All 理事、未来教育会議代表なども務め、教育改革の促進、社会起業家の育成、教育格差是正など幅広い分野で活動。2015年、株式会社ライフルと共働し21世紀学び研究所を設立し、企業と共にニッポンの「学ぶ力」を育てる取り組みを開始。同研究所では、経済産業省が2018年に改定した社会人基礎力の中に、リフレクションを盛り込む提案を行った。 文部科学省国立大学法人評価委員会委員、経済産業省未来の教室とEdTech研究会委員、放送大学学園評価委員会委員、青山ビジネススクール評議委員会委員、ハーバード・ビジネススクール・グローバルアドバイザリーボード メンバー等を務める。

個人受講お申し込み
ページトップへ戻る