コース・講師紹介

マネジメントステップアップコース

プログラムの特色

管理職として必要な経営的な視点をリアルなケースで考えるとともに、自身のキャリア、自社、社会の変化を俯瞰し、その中で女性管理職として自分の強みを生かし活躍するための力を身につけます。多くの女性がキャリアアップを行うために共通に抱えている「3つのストレッチ課題」に焦点を当てたプログラムです。

-3つのストレッチ課題-

【影響力】 多くの人々を巻き込むための影響力を高める方法を見いだせない。
【成長力】 ロールモデルがいない為どの様に成長すれば良いかわからない。
【職業観】 女性としては組織の最前線におり先が見通せない。

コース概要

・管理職を目指す方、組織においてマネジメントに関わりたい女性が対象
・後輩・部下の育成力やマネジメント力を高めるためのコース

学習スタイル

・講義+対話+グループディスカッションの組み合わせで進めていきます。アクションラーニングの実施。
・リフレクション(振り返り)により学習効果を可視化します。 ※問題をチームで検討し、解決策を立案。実施・行動する過程の中で振り返りを通じ、組織、チーム、そして個人の学習する力を養成するチーム学習手法

受講によって得られるもの

多くの女性がキャリアアップを行うために共通に抱えている「3つのストレッチ課題」を各方面のスキルを磨くことにより克服することができます。

【影響力】
・自分らしいリーダーシップスタイルを確立する方法
・チームや組織のパワーを引き出す力
・論理的思考、プレゼンテーション力の両面から高める自己表現力

【成長力】
・自己成長のスキル

【職業観】
・会社の魅力を知り、自らの役割の再確認
・生きることと、働くことについて、自己認識の確立

客観的に自己認識を持つことができます。
受講生同士の学び合いを通して、自信を確立することができます。
講師および、他のプログラムの参加者を含めた同窓生ネットワークに参加することができます。

プログラム期間

【前期: 5月開講】

2018年5月19日~7月28日 土曜日13:00~17:00 全7回


【後期:10月開講】

2018年10月6日~12月15日 土曜日13:00~17:00 全7回

※マネジメントステップアップコースは、同様の内容で年2回(前期、後期)開講予定です。
※教室は大学校舎で行います。
※各回とも前半は主に講師によるレクチャー。後半はグループワーク、ディスカッションが中心となります。
※講師、日程、カリキュラム等は変更になることがあります。

カリキュラム・講師

テーマ1 女性の活躍とリーダーシップ
1.女性を取り巻く環境の変化
2.女性とリーダーシップ
日程 【前期: 5月開講】5/19(土)13:00〜17:00
【後期:10月開講】10/6(土)13:00〜17:00
狙い 女性活躍の歴史、その社会的意義を考える
女性としてのリーダーシップの発揮の仕方を考える
※この回のみビジネスベーシックコースと合同開催
講師
熊平 美香

熊平 美香(くまひら みか) 昭和女子大学キャリアカレッジ学院長
一般財団法人クマヒラセキュリティ財団 代表理事
ハーバード大学経営大学院MBA修了後、銀行の金庫扉を製造する家業 熊平製作所の新規事業開発に従事。藤田商店にて、日本マクドナルド創業者藤田田会長と共に新規事業を立ち上げた後、1997年に独立。エイテッククマヒラ 代表取締役就任。TSUTAYAの親会社CCC社外取締役を経て、現在は、「戦略を実現する強力な組織」に必要な学習デザインを中心にコンサルティング・サービスを提供。青山学院大学大学院国際マネジメント研究科MBAでは、アントレプレナーシップとソーシャルアントレプレナーシップの講義を行う。

テーマ2 仮説の立案と検証
日程 【前期: 5月開講】5/26(土)13:00〜17:00
【後期:10月開講】10/13(土)13:00〜17:00
狙い 女性の活躍に関わる組織が抱えるテーマを元に、そのソリューションを考えるためのフレームについて学ぶ(制約人材の活用、在宅勤務の導入など)
講師
岡田 和典

岡田 和典(おかだ かずのり) 三菱商事、外資系コンサルティングを経て1998年プライスウォーターハウスクーパースコンサルタンティング(以下PWC)入社。消費財メーカー、卸売企業、小売業において、営業、物流、間接部門の業務改革に従事し、個々の企業にとどまらず、サプライチェーン企業間の変革、戦略立案等に数多くの実績を残す。PWCでは、製造・流通産業事業部戦略グループパフォーマンスマネジメントチームリーダー兼シニアマネージャーとしてのプロジェクト実績は500社を超える。2002年8月からジェネラル・サービシーズ(略称GSI-JAPAN)に取締役副社長兼最高執行責任者(COO)として参画。特に中国を活用した日本企業の間接部門の効率化やBPO*を推進する。現在、岡田ビジネスディベロップメンツ代表取締役として上記をはじめ様々なプロジェクトや新規事業に参画し、企業価値向上に数多く従事。自ら起業をし、経営の実践も手掛ける。
*Business Process Outsourcingの略

テーマ3 女性のキャリアとリーダーシップ(ロールモデルセッション)
日程 【前期: 5月開講】6/9(土)13:00〜17:00
【後期:10月開講】10/27(土)13:00〜17:00
狙い 企業で管理職として働く女性の等身大の話を聴く中で、自身のキャリアの軸となるもの、リーダーシップを探る
講師
荒金 雅子

荒金 雅子(あらかね まさこ) 株式会社クオリア 代表取締役
長年女性の能力開発、キャリア開発、組織活性化などのコンサルティングを実践。 1996年、米国訪問時にダイバーシティのコンセプトと出会い強く影響を受ける。以降一貫して組織のダイバーシティ推進やワークライフバランスの実現に力を注いでいる。近年は組織開発の研究を続け、「学習する組織」、「U理論」「アクションラーニング」「ファシリテーション」「女性のリーダーシップ開発」等に取り組んでいる。主な著書に『多様性を活かすダイバーシティ経営』(日本規格協会)等他多数。(株)クオリアホームページ http://www.qualia.vc
※その他、ロールモデルとしての女性2名が登壇

テーマ4 戦略思考とファイナンス
日程 【前期: 5月開講】6/16(土)13:00〜17:00
【後期:10月開講】11/17(土)13:00〜17:00
狙い 事業や経営における会計・財務のかかわり、企業戦略と事業戦略とのつながり、その基本を学ぶ
講師
山田 隆

山田 隆(やまだ たかし) 昭和女子大学グローバルビジネス学部会計ファイナンス学科教授
国内大手証券会社にて証券セールスに従事した後、国内資産運用会社で約20年近く国内株式投信のファンドマネージャーを務める。証券営業時代には営業本部長表彰10回、社長賞1回受賞、ファンドマネージャー時代には、運用ファンドが国内ファンド364本中、運用成績で第1位となる(2002年日経金融新聞掲載)。2012年には世界的運用評価機関リッパー社より、自身が設定来12年間運用したファンドが「10年間運用成績」で最優秀賞を受け、会社より社長賞受賞。2013年4月より名古屋商科大学商学部教授を経て2015年9月より現職。中央大学経済学部兼任講師。公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。東京工業大学大学院社会理工学研究科経営工学専攻博士後期課程修了。博士(学術、Ph.D.)。

テーマ5 ロジカルコミュニケーションと影響力の発揮
日程 【前期: 5月開講】6/30(土)13:00〜17:00
【後期:10月開講】11/24(土)13:00〜17:00
狙い 自分の考えを他者に解りやすく説明する上で欠かせない、論理的思考と論理的コミュニケーションの要諦を学ぶ
講師
照屋 華子

照屋 華子(てるや はなこ) 東京大学文学部社会学科卒業
株式会社伊勢丹広報担当を経て、マッキンゼー・アンド・カンパニーでコンサルティングレポート等の論理構成・日本語表現にアドバイスをするエディティング・サービス、ならびにコンサルタント・クライアント対象のロジカル・シンキングのトレーニングを企画・実施。現在は独立し、経営コンサルティング分野を中心にエディティング・サービスに取り組むとともに、ロジカル・コミュニケーションの手法開発や企業研修を多数企画、実施している。ビジネスブレークスルー大学大学院 教授、首都大学東京大学院社会科学研究科経営学専攻 非常勤講師を務めている。著書に『ロジカル・ライティング』、共著に『ロジカル・シンキング』(共に東洋経済新報社)がある。

テーマ6 プレゼンテーション
日程 【前期: 5月開講】7/7(土)13:00〜17:00
【後期:10月開講】12/8(土)13:00〜17:00
狙い フィールドワークを実行した結果をプレゼンテーションし、意見交換の上、洞察を深める
講師
岡田 和典

岡田 和典(おかだ かずのり) 三菱商事、外資系コンサルティングを経て1998年プライスウォーターハウスクーパースコンサルタンティング(以下PWC)入社。消費財メーカー、卸売企業、小売業において、営業、物流、間接部門の業務改革に従事し、個々の企業にとどまらず、サプライチェーン企業間の変革、戦略立案等に数多くの実績を残す。PWCでは、製造・流通産業事業部戦略グループパフォーマンスマネジメントチームリーダー兼シニアマネージャーとしてのプロジェクト実績は500社を超える。2002年8月からジェネラル・サービシーズ(略称GSI-JAPAN)に取締役副社長兼最高執行責任者(COO)として参画。特に中国を活用した日本企業の間接部門の効率化やBPO*を推進する。現在、岡田ビジネスディベロップメンツ代表取締役として上記をはじめ様々なプロジェクトや新規事業に参画し、企業価値向上に数多く従事。自ら起業をし、経営の実践も手掛ける。
*Business Process Outsourcingの略

テーマ7 21世紀のリーダーシップ
日程 【前期: 5月開講】9/29(土)13:00〜17:00
【後期:10月開講】12/15(土)13:00〜17:00
狙い 21世紀に求められるリーダーの在り方について考える
講師
熊平 美香

熊平 美香(くまひら みか) 昭和女子大学キャリアカレッジ学院長
一般財団法人クマヒラセキュリティ財団 代表理事
ハーバード大学経営大学院MBA修了後、銀行の金庫扉を製造する家業 熊平製作所の新規事業開発に従事。藤田商店にて、日本マクドナルド創業者藤田田会長と共に新規事業を立ち上げた後、1997年に独立。エイテッククマヒラ 代表取締役就任。TSUTAYAの親会社CCC社外取締役を経て、現在は、「戦略を実現する強力な組織」に必要な学習デザインを中心にコンサルティング・サービスを提供。青山学院大学大学院国際マネジメント研究科MBAでは、アントレプレナーシップとソーシャルアントレプレナーシップの講義を行う。

起業家&新規事業企画者コース限定企業メンター制度
個人受講お申し込み
ページトップへ戻る