コース・講師紹介

エグゼクティブ共創コース

プログラムの特色

現在、日本企業が置かれた状況を理解し、その中でなぜ今ダイバーシティが必要なのか、そして経営として「ダイバーシティ」をどう戦略に取り込んでいくべきか。その際、具体的な課題はどのようなものであり、どのように組織として取り組むべきかをディスカッションを通し考え、自社への示唆を得ることを目的としたプログラムです。

コース概要

・原則、管理職の男女が対象
・「ダイバーシティ&インクルージョン」を経営戦略として捉えるのが目的

学習スタイル

経営者講話、他社事例研究、フィールドワークなどを中心に進めます。

受講によって得られるもの

経営者講話・他社事例研究などにより、ダイバーシティ推進・働き方改革に取り組む 目的や意義の理解とビジョンを形成し、ダイバーシティ経営を成功させるために不可欠なリーダーシップとは何か理解することができます。
フィールドワークなどを通して、ダイバーシティ経営を実現させるために、個人・企 業・社会の3つの領域で、どのような変化が必要なのかを理解し、アクションに繋げることができます。

プログラム期間

2018年10月4日~2018年12月6日 木曜日17:00~20:00 全5回

※教室は大学校舎で行います。
※講師、日程、カリキュラム等は変更になることがあります。

カリキュラム・講師

テーマ1 企業戦略としてのダイバーシティ&インクルージョン
2030年未来の企業・社会・シナリオ
日程 10/4(木)17:00〜20:00
狙い ・システムとして「働き方」「企業の持続的成長」「社会の変化」の夫々の課題がどうつながっているのかを考える
・「2030年の未来の企業・社会・人のシナリオ」を通して、ダイバーシティ推進、働き方改革や企業活動について新たな視点を手に入れる
講師
熊平 美香

熊平 美香(くまひら みか 昭和女子大学キャリアカレッジ学院長
一般財団法人クマヒラセキュリティ財団 代表理事
ハーバード大学経営大学院MBA修了後、銀行の金庫扉を製造する家業 熊平製作所の新規事業開発に従事。藤田商店にて、日本マクドナルド創業者藤田田会長と共に新規事業を立ち上げた後、1997年に独立。エイテッククマヒラ 代表取締役就任。TSUTAYAの親会社CCC社外取締役を経て、現在は、「戦略を実現する強力な組織」に必要な学習デザインを中心にコンサルティング・サービスを提供。青山学院大学大学院国際マネジメント研究科MBAでは、アントレプレナーシップとソーシャルアントレプレナーシップの講義を行う。

テーマ2 講話「働き方改革とは」
日程 10/25(木)17:00〜20:00
狙い 働き方改革の必要性ともたらす価値について考える。
講師

ゲストスピーカー

柳川 範之(やながわ のりゆき) 東京大学
大学院経済学研究科・経済学部 教授

ゲストスピーカー

松本 美枝(まつもと みえ) 積水メディカル株式会社
経営統括部 総務人事部長・薬剤師・薬学博士

講師

熊平 美香(くまひら みか)

テーマ3 事例研究 ①
ダイバーシティ&インクルージョンへの経営としての取り組みに関わる事例
日程 11/1(木)17:00〜20:00
狙い ダイバーシティ&インクルージョンの実践実例に学ぶ。
講師

ゲストスピーカー

島田由香(しまだ ゆか) ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社
取締役人事総務本部長

講師

熊平 美香(くまひら みか)

テーマ4 事例研究 ②
ダイバーシティ経営とイノベーション
日程 11/22(木)17:00〜20:00
狙い ダイバーシティがイノベーションを生む原理について考える
講師

ゲストスピーカー

安渕聖司(やすぶち せいじ) ビザ・ワールドワイド・ジャパン
代表取締役

講師

熊平 美香(くまひら みか)

テーマ5 発表/総括
日程 12/6(木)17:00〜20:00
狙い ・これまでの学びを振り返り、なぜダイバーシティ推進、働き方改革に取り組むのか、そのために大切なことは何かについて自分の考えを発表し、お互いの発表から学び合う。
講師

講師

熊平 美香(くまひら みか)

起業家&新規事業企画者コース限定企業メンター制度
個人受講お申し込み
ページトップへ戻る